おススメの肉料理は島マースを使った塩漬けのスーチカー

おススメの肉料理は島マースを使った塩漬けのスーチカー 沖縄料理でおススメの肉料理は、豚肉料理のスーチカーです。スーチカーという名前には意味があって、スーは塩のこと、チカーは漬けるという意味を持ちます。つまり、豚肉を塩漬けにした料理ということです。本土では、豚肉を生で食べる習慣はないため、塩漬けというのにも、驚くかもしれません。沖縄では、豚の三枚肉を、沖縄の塩でじっくりと漬けて、保存食としても作ってきた歴史のあるスーチカーは、馴染みある食べ物であり、沖縄に伝わる、伝統の肉料理なのです。使う塩は、沖縄の塩である、島マースで、漬け込むときにはたっぷりと使用します。島マースを使うことで、豚肉が持つ本来の旨みを、最大限に引き出してくれる効果があります。

たっぷりの塩に付けるのですが、塩辛すぎのアジになることはなく、食べるころには、バランスの良い塩分加減となっていて、味わいもなめらかなものです。漬け込んで食べるときには、スライスして軽くボイルして、レモンをかけて食べてもいいですし、蒸してもよいです。食べ方としては、網であぶって食べる、と言った要領なので、いたってシンプルなのです。沖縄の人はお酒に強いとも言われますが、お酒のおつまみとしても、スーチカーは喜ばれ、お酒がススムと言われます。

Copyright (C)2014おススメの肉料理は島マースを使った塩漬けのスーチカー.All rights reserved.